正看護師に比べて目指しやすい准看護師

准看護師になるための道のり

准看護師として仕事をするためには准看護師の試験をパスする必要があります。試験を受けるにも条件が必要になり、 准看護師のための専門的な勉強をする必要があります。多くの場合は准看護師の養成学校という指定の学校があり、 そこに入学して勉強をするのが一般的です。
准看護師に強い求人サイトは?

もしくは高校の看護衛生課に入るという方法もあります。両方ともまずは 入学するための試験があり、養成学校では入学試験、高校の場合は高校受験という形になります。

これらは試験に合格すれば中学校卒業後から入学する事ができます。そこから准看護士の勉強をしていきますが、最短 で、3年間の勉強の期間が必要になります。多くの高校生の方が普通科で学ぶのに対し、准看護士を目指す方は、それに 特化した勉強をしていく事になります。

看護師になる方は大学で4年間の勉強をしますが、准看護士は3年間なので 短い期間で集中して学んでいく事になります。一通り勉強が終わると最終試験があり、合格すると准看護士となります。

3年間は勉強が必要になりますが、看護師として道を考えている方は18歳から看護系の大学に入学する方が一般的です が、准看護士を目指す方の場合は18歳から准看護士として働き始める事ができます。

とても早い段階から仕事を始められ るので、早く社会に出たいという方や、自立して働きたいという方には向いていると言えるでしょう。看護師を目指す 方が大学を卒業する頃には、一通り看護のスキルも身についているレベルになります。

また、試験に合格しても准看護士として、就職先が見つからないというケースがあります。この場合は転職サイトなどで 引き続き仕事を探していく事になります。

ただし、准看護士の専門学校も高校でも、就職先を先生と探していくという 事が多いので、きちんと勉強をしていれば大抵の場合、仕事は見つかります。少しおろそかにしてしまった場合は仕事が 見つかりにくくなるので、准看護士を目指そうと思ったからにはしっかりと学ぶ事をお勧めします。

7対1、10対1、どっちに転職するべき?

転職する時に注目したいのは看護体制です。 診療報酬の改定があり、7対1看護を行っている病院は最高ランクの診療報酬が適用されます。 つまり、入院の基本料を多く請求することが可能です。

それに伴って全国的に7対1看護の体制にしようとする動きがあり、看護師の採用が活発になっています。

転職を検討している看護師の中には、7対1か10対1のどちらにしようか悩んでいる人や、絶対に7対1がいいと思っている人もいるかと思います。

7対1看護のほうが患者さんに対する看護師の割合が多いので、7対1のほうが楽だと思われがちです。 実際には、割合よりも看護師の質に左右されるので、7対1だからといって必ずしも10対1よりも負担が軽減されるわけではありません。

中には、7対1看護にする為に人数を合わせようとして、新卒の看護師を多く採用している病院もあります。 すると、病院内では中堅やベテランの看護師よりも新人ばかりが多くなり、新人教育や研修が行き届かなくなったり、新卒がすぐに辞めてしまうケースもあるようです。

その為、7対1にも関わらず職場に余裕がなく、休みが取れないことも珍しくありませんし、ゆとりを持って働くことが困難になります。

7対1、10対1といった数字だけでは、病院の内情を図ることはできません。 新人の看護師の割合やベテラン看護師が活躍しているかどうかも、転職活動の際にはチェックしたほうがいいでしょう。

とはいえ、経営的には7対1のほうが有利には違いありません。 なので、給与などの待遇や設備に優れている場合が多いでしょう。

病院の内情も含めて求人情報を収集したいのなら、看護師専門の転職エージェントを活用してはいかがでしょうか。 実際に働いていた人の声を参考にできたり、通常の求人情報だけではわからない内部事情も事前にキャッチできます。 よりよい転職を成功させる為にも、賢く利用したいサービスです。

今の職場よりも高待遇で働きたい方は是非チェックしてみてくださいね。

看護師の転職は何月がオススメ?

転職を検討している看護師の多くは、半年以内に転職を成功させたいと考えています。 条件の良い職場があればすぐにでも転職したいと答える人が大半ですが、現在の仕事に追われて転職がうまくいかないケースもあります。

転職したいと思っていても、タイミングを見計らおうとしてなかなか実行に移せない人もいるようです。 転職を考えながらも「まだ早いのでは」「もっと経験を積まないと転職は難しいのでは」とズルズルと先延ばしにしがちです。

実際、タイミングは大切な要素です。 求人を見てみるとわかるように、時期によって数が全然違いますし、転職を成功させる為には求人市場全体を見渡して、ベストタイミングで実行に移したいところです。

とはいえ、業界全体が深刻な看護師不足に陥っているので、年中数多くの求人が出ています。 ですが、一番のチャンスは12月と1月です。

年度が変わる4月の入職の時期に合わせて、求人が急増します。 できるだけ多くの求人の中から転職先を吟味したいのであれば、この時期がベストでしょう。

2月や3月頃になってからようやく4月の入職に向けて活動を開始する人たちもいるので、12月~1月頃から先に転職活動をスタートすることで、ライバルたちに差をつけることができます。

4月だけでなく、夏と冬のボーナスの後や、期の変わり目である9月も狙い目です。 ボーナスをもらってから退職する人が多いので、辞める人が多くなる時期を見計らうのもいいでしょう。

しかし、今すぐにでも転職したい人もいますよね。 それに、転職するのなら今の職場よりも良い条件で働きたいものです。 そんな時には、看護師専門の転職エージェントを活用することをオススメします。

信頼できる転職エージェントにいくつか登録し、アドバイザーに条件などを伝えると、ピッタリの求人をピックアップして紹介してくれます。

なので、自分で求人を探す手間を省けますし、いい条件の求人が出たらすぐに教えてくれるので、より多くのチャンスを掴むことが可能です。