准看護師のためのお仕事情報サイト

認定看護師は取って損はない資格?

認定看護師は転職で有利になる?

認定看護師の資格を持っていると、転職の際にも有利になりやすいです。認定看護師を取るためのハードルはかなり高く、一定期間の実務経験と勉強が必要になるため、その経験を経て資格を取得しているという事は、より深く学んでいる事の証明となるためです。

そのため、面接などの際にも、実力がある看護師の方という事で、採用されやすくなるケースは多くあります。ただし、今の所、気を付けておきたいポイントもあります。

気を付けておきたいのは、認定看護師の資格を持っているからと言って、収入が上がる事は絶対ではないという事です。資格を持っていると、どうしてもその分収入アップにつながると考えてしまいがちですが、職場によっては一般の看護師と同じレベルの仕事をする事になる職場は多いです。

そのため、経験があるという事で、採用のされやすさはアップしますが、収入アップには直接繋がらない場合もある事は覚えておいた方が良いでしょう。

それでは意味がないという方もいるかもしれませんが、認定看護師の方は、転職先を、認定看護師の力を認めてくれていて、収入の設定にも考慮してくれる職場を選ぶ必要があります。病院の中には高度な医療を行っている施設があるのでこうした職場に応募するようにしましょう。

また、今後はこのような医療の高度化は更に加速していく事が予想されるため、将来的には認定看護師の方は、ますます有利になっていく事が予想されています。

認定看護師の資格はまだ資格として認知されるようになってから日が浅く、浸透していくのはこれからという面もあります。今から取得しておいて、今後のキャリアに生かしていくのも良いですし、今は様子を見て、取得のタイミングを図っていくというのも一つの方法です。

取得して損になる事はないので、今後のためにも、時間を取って考えて、検討していくと良いでしょう。また、転職サイトなどで認定看護師が優遇される求人を見てみるのもお勧めです。