看護師が転職でキャリアアップ・収入アップを狙うには

看護師が転職で求める条件とは?

認定看護師のメリット

認定看護師は看護師の上位の資格で、取得すると様々なメリットがあります。大きなメリットとしてまず挙げられるのは収入アップです。認定看護師を優遇してくれる職場では、看護師の資格手当に加えて、認定看護師の手当ても支給されるため、収入アップにつながります。

これは職場によって待遇が違うため、チェックしておく事が必要です。中には一般の看護師の方と変わらないという職場もあるため、転職をする際などにも確認しておきましょう。

次に、認定看護師の資格を生かして、より専門性の高い仕事ができるという事です。認定看護師になるためには実務経験や勉強が必要なため、それを終えた看護師という証明になるため、職場の中でもより重要な看護業務にあたれるチャンスも出てきます。

仕事により大きなやりがいを求める方や、さらなるレベルアップをしたいという方には特にお勧めです。 こうした資格を取得していないと行えない仕事も、病院によってはあります。

また、役職が付きやすくなる事もあります。看護師が多く働いている職場では、より経験を積んだ看護師としてリーダー的な立場に立ったり、看護師を管理する立場に就く事もあります。

認定看護師が身に付けるのは、高い専門性で、人の管理はマネジメントスキルなど、また違ったスキルが必要ですが、看護師として高いレベルにいる方に、こうした管理を任せたいと考える職場は多いため、可能性としては高くなり、仕事の幅も広がります。

このように、認定看護師の資格を取得する事でのメリットというのは多くあります。大切なのは、資格を取得してあなたがどうしていきたいかという事を前もって考えておく事です。

特に看護師の方は仕事も忙しく、資格取得のための勉強も負担になったり、プライベートの時間を割いて取得に励む事になります。資格を取るだけで終わりにならないよう、今後どう生かしていくかも考えてから資格を取るようにすると、上手く活用していく事ができます。