准看護師のためのお仕事情報サイト

働きやすい病院を探すためのポイントは?

看護師面接の基本と注意点

転職をすることになったら、自分にとって本当に働きやすい職場なのかどうか考えましょう。 働きやすい病院を探すためのポイントなどについてご紹介します。

まず、採用側は履歴書でその人の第一印象を掴んでいるため、履歴書には力を入れた方が良いですね。 履歴書というと、書かれている内容に注目していると思う方が多いかもしれませんが、最初にチェックされるのは写真です。

この写真がふざけたものだったり、スナップ写真の切り抜きなどではどうしても印象が良くありません。 それに、カジュアルな私服で撮影されたものも評価が下がってしまうので注意しましょう。

例え履歴書に書かれている内容がすてきなものだったとしても、写真に問題があってその人の人間性が疑われてしまうケースもあるわけです。

履歴書の写真は基本的にスーツを選択した方が良いでしょう。 面接に行く時と同じような格好を意識すると良いですね。

それから、あまりにも空白の多い履歴書はやる気がないと思われてしまう可能性もあるため、できるだけ埋めるというのがポイントです。

面接では、その人のコミュニケーション能力をチェックされています。 看護師の仕事は患者さんと接することも多く、コミュニケーション能力は必須だといえるでしょう。

そのため、面接では受け答えがしっかりできているかということをかなりチェックされます。 看護師免許さえ持っていれば、多少のブランクがあったとしてもある程度の経験や知識を持っていることは証明されますよね。

何度も面接に落ちてしまうという方は、もしかしたらコミュニケーション能力に問題はあると判断されてしまったのかもしれません。

また、面接で後ろ向きな発言ばかりするのも評価が良くありません。

前の職場で人間関係が良くなかった、休みが取れなかったなど後ろ向きな発言をしてしまうとどうしても悪く見られてしまうため、面接中はできるだけ前向きな発言をするように心がけていきましょう。

基本的な挨拶をするというのはもちろんのこと、質問に正しい敬語で誠実に答えるなどのポイントも抑えていきたいですね。